野菜

「特定保健用食品《と「栄養健康食品《の青汁の違い


自分の健康は自分で守る。
自分の体は、自分が一番良くわかるわけですからなんとなく栄養はきちんと摂れているだろうかなんてのはわかりますよね。
といっても普段の食事で栄養バランスを考えながらしっかりと摂っているという方はなかなかいらっしゃらないのが現実です。

食品に関する知識をしっかりと持ち、管理してなければなかなかバランスの摂れた食事というのは難しく、やはり栄養のサポートは必要となってきますよね。
そんな時に摂取したいのが青汁であり、青汁は天然成分のみで作られていますから安心して飲むことができます。
最近では健康を考えはじめた人にとって人気となってきていて、種類も沢山ありますよね。

はじめての方は何を選んでよいのかはなかなかわからないかと思いますが、基本的なところから今日はみていきましょう。
まずは特定保健用食品と栄養健康食品の違いです。
どちらも同じことを表しているようですが、特定保健用食品はトクホとも呼ばれ厚生労働大臣に認可を受けた健康保健食品のことをいいます。

認可を受けたという証が消費者としては安心の基準としてみられることもあり、商品の効果などを表示できるようになります。
それに対して栄養健康食品というのは成分についての表示はできるものの効果などについては表示できないんです。
消費者が、誤った選択をしないようにと定められているものであり選ぶ基準とする方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

よって特定保健用食品いわゆるトクホは国の厳しい基準となる審査を通ったものであるという証明でもあります。
なので、安心の基準としても青汁を選ぶ際には注意してみてみるとよいでしょう。

もちろん、トクホでないから安全ではないといったわけではありませんからあくまでも一つの基準となります。
種類が豊富な商品は実際に何を選んだらよいのかってわからない面が多いかと思います。
ですので、一つの基準として、頭にいれておくことで青汁以外でも商品をえらぶ基準となりますのでぜひ覚えておきましょう。