野菜

青汁はどれくらい栄養価が高いのか?


青汁は食事においても上足しがちな野菜を粉末にして、
水に溶かすことによって低カロリーながらも非常に高い栄養価がある
といったことで人気を集め、実際に飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
健康維持やダイエット、美肌を保つためにも効果的だといわれていて、
様々なことに効果的である青汁はお子様やお年寄りまで年齢問わずに
飲めるといったことからも安心に飲む方が増えているのではないでしょうか。

水では独特の苦みが気になるという方には、牛乳で割ることで優しい味になり飲みやすくなるようです。
また、ジュースなど自分に合ったもので割ることもでき、料理にも取り入れることができますので、様々な方法で試してみるのもよいかと思います。
粉末ということで、自由に摂取できるというのも魅力でありますよね。

青汁に含まれているものとしては、ケール、大麦若葉、明日葉、ゴーヤなど栄養価が高い野菜ばかりを集め、それらの野菜を粉末にしたもののことをいいます。
もちろん、青汁の種類によって入っている野菜も変わってきますが、
一般的にはこのような野菜が含まれています。
その中でも栄養価が高いものとしてあげられているのがケールになります。

ケールには、ビタミン、ミネラル、食物繊維といったものが多く含まれています。
スーパー野菜とも呼ばれていることからケールの栄養価が高いことはよくわかるかと思いますが、ケールは非常に苦みが強いという野菜ということがあげられています。
なので、あまりそのまま食べたことがあるって方は少ないのではないでしょうか。
ケールにはビタミンAは人参の約2倊、カルシウムは牛乳の2倊といった栄養があるともいわれ非常に栄養価が高いということがありますよね。
他にも様々な栄養がありますのでケールを摂ることによって豊富な栄養が採れることがわかるかと思います。
よって青汁などのような粉末の状態で摂取することによって、苦みを和らげることができるということから、青汁を飲んで栄養を採っているといった方が多いのでしょう。